靴医学会

足と靴の専門技術者養成の学校
フスウントシュー インスティテュート
のENDOです。

先日、日本靴医学会の学術集会にて当社直営店フスウントシューカルチャーの店長が発表しました。
この学会は足と靴に精通する医師の先生方を中心に運営され、靴に関係するかたはどなたでも入会できます。
年に一回学術集会を開催し、第24回目ということで今回は9月の17日(金)と18日(土)に仙台にて行われました。
b0206365_16342497.jpg

店長は初めての発表にも関わらず、人前で発表することに場慣れしているのか発表直前のお昼にしっかり牛タンを食べてました。
やはり当校でフットケア(フスフレーゲ)とオーソペディシューテクニックを学び10年以上のキャリアがあると違いますね。
来年は奈良で9月の19日と20日に開催されます。
来年に向け店長も張り切っています。
この件はこちらのブログでも書いてますのでご覧下さい。
[PR]
# by fsibureau | 2010-09-26 16:56 | できごと | Trackback | Comments(0)

「角質」のおはなし

こんにちは、FSI事務局のJUNです。

今回は女性の多くの方が困っている「角質」についてのお話です。

なんとなく「角質」っていうと、嫌なイメージを持っている方が多いと思いますが、実際には、肌の内側を守るという非常に大切な役目をしてくれているんです。

ただし!全く無いのもダメなんですが、多すぎるのももちろんダメなんです。

「角質」が多すぎると、保湿が出来なくなり足裏がカサカサになったり、厚くなったせいで痛みに鈍感になったりしてしまいます。

痛みを感じないっていうのは実は非常に怖いことです。
足裏に傷が出来ても気付かないので、知らないうちに傷口から色々なバイキンが…なんてことも。
(靴の中というのは、普段わたしたちが生活する中で、もっとも不潔な箇所なんですよね。)

こうした「角質」とか「魚の目(鶏眼)」の原因なんですが、8割は「靴」だと言われています。

どんなに足に合う靴でも、何らかのストレスが足にかかっています。
ましてや、女性が履くハイヒールやポイントトゥの靴による足への負担と言ったら…。
靴作りを学んだこともあるので、そのような靴に自分も惹かれはするんですけどね。

とにかく、足を清潔にすること。
足に余計な負担をかけないこと。

これで、かなりの部分「角質」や「魚の目」の予防が出来ます。
また日常的には、保湿クリームやマッサージオイルを使うことで、自分でケアすることも可能です。
(足の乾燥対策には当社直営店blogでも紹介しています→こちら

これが自分でケア出来ないような状態になってしまった時には…

b0206365_1649859.jpg


ドイツ式フットケアフスフレーゲの出番なんです。
[PR]
# by fsibureau | 2010-09-24 16:52 | Trackback | Comments(0)

専門実技コース

さて「足と靴のプロセミナー」が終わったらいよいよ専門コースです
ここからが本番ですね


まずはオーソペディシューテクニック

これ簡単に言うと靴の調整をするテクニック


人の足って顔と一緒で千差万別
だから既製の靴でなーんにも不具合がないってほうがめずらしい

そこでこのテクニックの出番です
おおげさな調整じゃなくてもチョチョっとするだけでもけっこう履き心地は変わってきます

とはいっても調整の元となる足のことを理解してないとできないので、足型を取るところからみっちりやっていきましょう・・というコース



そしてフスフレーゲコース

こちらは主に足裏の魚の目や角質のケア

ドイツ製の専用の器具を使って固くなったかかとや魚の目・たこなどをケアします
終わったあとはマッサージも!

赤ちゃんの足みたいにすべすべ! やわらかい足裏がよみがえります

実習メインのプログラムだし修了後はフスフレーガーの認定証ももらえるので即戦力になりますよ
看護師さんの受講者も多くて、現場ですごく役立ってるみたいです



以上、すーーーごくざっくりとした説明でしたがなんとなくわかってもらえましたか?
それぞれのコースについて詳しいことはまた後日・・・
[PR]
# by fsibureau | 2010-09-13 17:15 | Trackback | Comments(2)

コースの紹介

足と靴の専門技術者を養成する学校フスウントシューインスティテュートのENDOです。

今回は足と靴の知識と評価方法が2日間でマスターできる「足と靴のプロセミナー」についてご紹介します。
何といってもメインは佐藤雅人先生と山内武史先生の講義です。
佐藤先生は足と靴についての解剖・病理・診断そして治療学をご担当していただいています。
なかなか普段聞かないむずかしい医学用語を分かりやすくていねいに解説してくれます。
b0206365_1738734.jpg


また、山内先生は足の生体力学を担当され、足と脚の動き具合の見極め方や歩いている足の見方を実技をまじえてやさしく教えてくれます。
b0206365_17361725.jpg


そのほかにフスフレーゲ(ドイツ式フットケア)、靴学、接遇実践そしてオーソペディシューテクニックがあり、これらが2日間に凝縮されてます。

このブログでは、当校の特色やカリキュラム、そのほかフットケアや靴に関するいろいろなコラムをつづっていきたいと思っております。
[PR]
# by fsibureau | 2010-09-07 17:47 | 足と靴のプロセミナー | Trackback | Comments(0)

はじめまして

はじめまして、フスウントシューインスティテュート(FSI)事務局のJUNです。

フスウントシューインスティテュート(FSI)は、日本で最初に、足(FUSS)と靴(SCHUH)の専門技術者を養成するために設立された本格的な総合テクニカル・カレッジ(足と靴の学校)です。

本場ドイツの現役シューマイスター(靴技術者)とポドローゲ(ドイツ式フットケア技術者)を中心とした講師陣のもと、最新設備と少人数制のきめ細やかな指導がFSIの特色です。

b0206365_1864818.jpg

b0206365_1871626.jpg


このブログでは、当校の特色やカリキュラム、そのほかフットケアや靴に関するいろいろなコラムをつづっていきたいと思っております。
[PR]
# by fsibureau | 2010-09-05 17:57 | Trackback | Comments(0)


足と靴に関する各種スクール運営をしている事務局より様々なお知らせをしていきます。ご期待ください。


by fsibureau

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
2016年のカリキュラム
足と靴のプロセミナー
フスフレーゲセミナー
オーソペディシューセミナー
できごと
お知らせ
卒業生の紹介
P.Oハッシーの備忘録
アクセス

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

外部リンク

ブログパーツ

フォロー中のブログ

フスウントシューカルチャ...

最新のコメント

Hi there I a..
by ray ban uk womens at 00:28
I’m still le..
by Kayla at 19:12
有難うございます。記念大..
by fsibureau at 09:17
平素よりお世話になってお..
by マイスターエディ at 11:40
お問い合わせ有難うござい..
by fsibureau at 10:47
フットリフレクソロジーセ..
by やまと at 15:47
ご無沙汰しております。お..
by fsibureau at 10:09
ビューローのENDOです..
by fsibureau at 21:15
セミナーでお世話になりま..
by 竹中文代 at 01:54
コメント有難うございます..
by fsibureau at 16:31

最新のトラックバック

トレーニングセミナー
from フスウントシューカルチャー本..

ライフログ

検索

記事ランキング

タグ

最新の記事

2018年2月のセミナー&イ..
at 2018-02-01 10:00
2018年1月のセミナー&イ..
at 2018-01-05 10:00
2017年12月のセミナー&..
at 2017-12-01 10:00
2017年11月のセミナー&..
at 2017-11-01 10:00
2017年10月のセミナー&..
at 2017-10-01 10:00

ファン

ブログジャンル

健康・医療
スクール・セミナー

画像一覧