人気ブログランキング |

カテゴリ:オーソペディシューセミナー( 51 )

オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。




オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編_b0206365_08212258.jpg日までのオーソペディシューテクニック ステップⅠ前編
にご参加いただいた皆様お疲れ様です。講師はオーソペディシューテクニック プレップに引き続きテュルク校長先生
です。




オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編_b0206365_08220048.jpgテップⅠではフットプリントばかりではなく足の動き具合や姿勢のチェックなどさらに細かい足の分析について習います。




オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編_b0206365_08221752.jpgた、インソールを入れる靴について適切なものかサイズや幅があっているかなどもチェックしてそれらのデータを総合的に判断し足と靴にあったインソールを作ります。足にあっていても靴にあわなければ履けなかったり歩きづらかったりします。




オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編_b0206365_08231612.jpg来上がったら装着し歩いてもらってどのように変わったか評価します。合わないところは微調整します。




オーソペディシューテクニック ステップⅠ前編_b0206365_08250505.jpg技では道具や機械の使い方を懇切丁寧に説明されました。テュルク校長先生有難うございます。

by fsibureau | 2014-11-19 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

オーソペディシューテクニック プレップ

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。

オーソペディシューテクニック プレップ_b0206365_11503759.jpgーソペディシューテクニック プレップ
に参加された皆様お疲れ様です。今回の講師はテュルク校長先生
です。




オーソペディシューテクニック プレップ_b0206365_11531627.jpgレップとはグラインダーを使わずに足に合わせてインソールを作る講座です。




オーソペディシューテクニック プレップ_b0206365_11560572.jpgットプリントと足の動き具合をみてパッドをインソールに貼り付けて作ります。




オーソペディシューテクニック プレップ_b0206365_12125183.jpg々な職種の方や地方からもご参加いただき、賑やかなセミナーでした。
by fsibureau | 2014-11-15 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

シューメーカーズクラブ【つり込み】

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。




シューメーカーズクラブ【つり込み】_b0206365_16361191.jpgューメーカーズクラブとは毎月第一または第二日曜日でオーダーメイドの靴を作るコースです。今回は前回作成した靴のアッパー を靴の中底につけるつり込みという行程です。



シューメーカーズクラブ【つり込み】_b0206365_16370139.jpg
り込む前にカウンターと呼ばれる足の踵をサポートする芯材を革から作ります。アッパーの表革とライニングと呼ぶ裏革の間にはさみます。



シューメーカーズクラブ【つり込み】_b0206365_16363392.jpg
んだらアッパーを中底に引っ張りながら取り付けます。取り付けたらずれないように釘を打ち付けます。



シューメーカーズクラブ【つり込み】_b0206365_16450132.jpgッパーを左右対称にシワや隙間がなくつり込むことが難しいですが、ベーレ先生ぐらい熟練すると簡単そうにやっています。

by fsibureau | 2014-05-12 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

シューメーカーズクラブ【アッパー製作・裁断・革漉き】

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。 



シューメーカーズクラブ【アッパー製作・裁断・革漉き】_b0206365_16472736.jpg ューメーカーズクラブとは毎月第一または第二日曜日でオーダーメイドの靴を作るコースです。今回は靴のアッパーと呼ばれる足を革で包み込む部分を作る行程です。



シューメーカーズクラブ【アッパー製作・裁断・革漉き】_b0206365_16471528.jpgザインを決めて型紙を起こしたのちに革に型紙をあてて切り取っていきます。



シューメーカーズクラブ【アッパー製作・裁断・革漉き】_b0206365_16475861.jpgり取った革の端の部分をスカイビングナイフ で漉きます。機械でも漉けますが、ここでは手作業で行っています。



シューメーカーズクラブ【アッパー製作・裁断・革漉き】_b0206365_16541984.jpg本の革漉き包丁とは形もやり方も違うので参加された皆様も最初はなかなか難しそうでしたが、だんだん慣れてくるに連れて上達していました。

by fsibureau | 2014-04-07 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

靴の修理セミナー

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。 



靴の修理セミナー_b0206365_11522583.jpg昨日までの靴の修理セミナーに参加された皆様お疲れ様でございます。



靴の修理セミナー_b0206365_11523679.jpg回まったく初めて靴を修理するという方がいらっしゃいましたが、講師のシューマイスターであるルッツ・ベーレ先生が丁寧にみっちりと教えていただきました。



靴の修理セミナー_b0206365_11560827.jpgューメーカーナイフやグラインダーを使っての修理ですが、初めての方でもキレイに治すことができました。ベーレ先生有難うございます。

タグ:
by fsibureau | 2013-12-13 12:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

オーソペディシューテクニック特別セミナー  "切断足用のインナーシュー製作法"

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。




オーソペディシューテクニック特別セミナー  \"切断足用のインナーシュー製作法\"_b0206365_19334827.jpg
日までのオーソペディシューテクニック特別セミナー"切断足用のインナーシュー製作法"に参加された皆様お疲れ様です。講師はお馴染みのルッツ・ベーレ先生です。事故や病気で足の前のほうを切断してしまった方のモデル作成の注意点を説明されていました。




オーソペディシューテクニック特別セミナー  \"切断足用のインナーシュー製作法\"_b0206365_19355710.jpg
に使う材料について説明し、プレスして作るために柔らかい材料は潰れてしまうようです。そのためのスペーサーをつけておきます。




オーソペディシューテクニック特別セミナー  \"切断足用のインナーシュー製作法\"_b0206365_19385088.jpg
めて作る人やあまり作っていない人でも少人数の技術セミナーですからベーレ先生が細かく指導してくれます。




オーソペディシューテクニック特別セミナー  \"切断足用のインナーシュー製作法\"_b0206365_19391025.jpg
んだん削ったり他の材料を足していったりして仕上げていきます。




オーソペディシューテクニック特別セミナー  \"切断足用のインナーシュー製作法\"_b0206365_19422638.jpg
を巻いた状態でほぼ完成です。関東は昨日に台風上陸という条件の中で大変だった思いますが、セミナー中に通りすぎたようで終わる頃には晴れ間も見えました。有難うございます。

by fsibureau | 2013-09-17 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

テュルク校長先生の特別セミナー

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。



テュルク校長先生の特別セミナー_b0206365_20435090.jpg
月テュルク校長先生のオーソペディシューテクニック特別セミナー「リウマチ・糖尿病インソール製作法」に多くの方々にご参加いただきまして有難うございます。




テュルク校長先生の特別セミナー_b0206365_20401349.jpg
ュルク校長先生は表情豊かでときには厳しい目で注意したり、




テュルク校長先生の特別セミナー_b0206365_20403639.jpg
には笑って諭したり




テュルク校長先生の特別セミナー_b0206365_20441828.jpg
いた表情で褒めてくれたりします。受講生のかたがたもテュルク先生に教わってかなり腕が上がった気がすると言ってくれました。




テュルク校長先生の特別セミナー_b0206365_20432054.jpg
ういう意味でもかつての同僚のシュピッツさんも慕って日本滞在時には会いに来てくれるようです。夕食後に合流してくれました。
by fsibureau | 2013-08-20 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

オーソペディシューテクニックステップⅡ-2"脚長差の調整法"

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。



オーソペディシューテクニックステップⅡ-2\"脚長差の調整法\"_b0206365_17231728.jpg
日までのルッツ・ベーレ先生によるオーソペディシューテクニックステップⅡ-2"脚長差の調整法"にご参加いただいた皆様お疲れ様です。




オーソペディシューテクニックステップⅡ-2\"脚長差の調整法\"_b0206365_17283373.jpg
長差とは生まれつきや事故の後遺症などで右脚と左脚の長さが違うことですが、ここではそれによって脚をスムーズに運べなく歩きにくくなっている状態をあらわしします。




オーソペディシューテクニックステップⅡ-2\"脚長差の調整法\"_b0206365_17192920.jpg
ういった方には靴のソールや中敷きで高さを調整します。踵だけ高くする場合や前足と踵の両方高くする場合があります。靴によってはソールに切り込みを入れて間に底材を埋め込んで仕上げます。




オーソペディシューテクニックステップⅡ-2\"脚長差の調整法\"_b0206365_17195511.jpg
師のベーレ先生はその調整の具合とソールの切り方から仕上げまでを手とり足取り丁寧に教えてくれます。ベーレ先生そして参加者の皆様有難うございます。
by fsibureau | 2013-08-08 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

オーソペディシューテクニックステップⅠ後編

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。



オーソペディシューテクニックステップⅠ後編_b0206365_13155332.jpg
日までのオーソペディシューテクニックステップⅠ後編にご参加された皆様お疲れ様です。講師はオーソペディシューマッハマイスターのルッツ・ベーレ先生です




オーソペディシューテクニックステップⅠ後編_b0206365_1316923.jpg
客様の足にあわせたインソール作りもいよいよ佳境に入ってきました。今回の内容はインソールで足が当たるところにクッションを埋め込みます。




オーソペディシューテクニックステップⅠ後編_b0206365_13165684.jpg
ンソールをグラインダーで削って窪みを付けてからクッションを張付けて仕上げます。しっかり足の裏にフィットするように滑らかな形状にしなければいけません。





オーソペディシューテクニックステップⅠ後編_b0206365_13163944.jpg
ッセル・クロウ似のベーレ先生がインソール削り方やコツを懇切丁寧に教えてくれますので、はじめてグラインダーを使う方も大丈夫です。
by fsibureau | 2013-06-06 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)

靴修理セミナー

ドイツ式足と靴の学校フスウントシュー インスティテュートのENDOです。



靴修理セミナー_b0206365_135913.jpg
日までの靴修理セミナーにご参加の皆様お疲れ様です。当スクールでは初めての企画でコンフォートシューズの踵修理から腰裏の修理まで行うセミナーです。講師はおなじみオーソペディシューテクニックコースのルッツ・ベーレ先生と




靴修理セミナー_b0206365_1353193.jpg
裏修理で使うミシンのほうはENDY先生でした。ENDY先生は運営会社バン産商株式会社の若手のホープ言う存在でみんなからも慕われています。




靴修理セミナー_b0206365_136311.jpg
ンフォートシューズなどの靴底はフラットでほとんどの人が踵部の外側が削れています。削れた踵部を削って踵修理用の靴底材料を張付けます。後でつけた材料が靴底からはがれないようにするためには、接着面を薄く満遍なく塗ってしばらく置いておくことがコツです。




靴修理セミナー_b0206365_1362572.jpg]
シンは普段使い慣れていない人が多かったですが、ENDV先生の密着指導で無事に修理を終えることが出来ました。ベーレ先生、ENDY先生ありがとうございます。

by fsibureau | 2013-05-28 10:00 | オーソペディシューセミナー | Trackback | Comments(0)


足と靴に関する各種スクール運営をしている事務局より様々なお知らせをしていきます。ご期待ください。


by fsibureau

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
2016年のカリキュラム
足と靴のプロセミナー
フスフレーゲセミナー
オーソペディシューセミナー
できごと
お知らせ
卒業生の紹介
P.Oハッシーの備忘録
アクセス

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

外部リンク

ブログパーツ

フォロー中のブログ

フスウントシューカルチャ...

最新のコメント

Hi there I a..
by ray ban uk womens at 00:28
I’m still le..
by Kayla at 19:12
有難うございます。記念大..
by fsibureau at 09:17
平素よりお世話になってお..
by マイスターエディ at 11:40
お問い合わせ有難うござい..
by fsibureau at 10:47
フットリフレクソロジーセ..
by やまと at 15:47
ご無沙汰しております。お..
by fsibureau at 10:09
ビューローのENDOです..
by fsibureau at 21:15
セミナーでお世話になりま..
by 竹中文代 at 01:54
コメント有難うございます..
by fsibureau at 16:31

最新のトラックバック

トレーニングセミナー
from フスウントシューカルチャー本..

ライフログ

検索

記事ランキング

タグ

最新の記事

2020(令和2)年8月のセ..
at 2020-08-01 10:00
2020(令和2)年7月のセ..
at 2020-07-01 10:00
2020(令和2)年6月のセ..
at 2020-06-01 10:00
2020(令和2)年5月のセ..
at 2020-05-01 10:00
2020(令和2)年4月のイ..
at 2020-04-01 10:00

ファン

ブログジャンル

健康・医療
スクール・セミナー

画像一覧